第7期リストラティブヨガ指導者養成講座

動かないヨガ~脳と神経を休めるヨガを学ぶ~

第7期 札幌リストラティブヨガ指導者養成講座 開催

 

心身が安心・安全と思えるようにプロップス(ヨガ用の様々な道具)に身体をゆだね、心地よい体制でポーズをキープすることで、【脳と神経をお休み】させるリストラティブヨガ。
肉体的、精神的に疲れている方、低体力の方、障がいや病気などをお持ちの方、妊娠中や高齢の方などでも無理なくゆっくりと心身を緩めていくことができます。

リストラティブヨガは“動かないヨガ”ですが、それは何もしないのではなく、『積極的に休息(Active Relaxation)』する時間をもつことで、心身のバランスを取り戻し、ストレスからの解放と自己回復力を高めていくセラピー要素の強いヨガです。

全24時間の指導者養成講座では、ソマティック心理学や脳神経心理学、解剖学に基づき「リラックス」していくシステムを理解し、1人ひとりの心身の状態に応じた丁寧なサポートの仕方を習得していきます。

 

お申込みはこちらから

 

Active Relaxation

プロップス(ヨガ用の様々な道具)によって身体を支えることで、緊張をゆるやかに解きバランスを取り戻していく。
ストレスによる症状からの解放と、慢性疲労からの回復をはかる。

”動かないヨガ”は、入ってくる情報をできるだけ減らすことによって、自分自身の内側を感じやすくなります。
呼吸が穏やかになり、いつの間にか浮遊するように身体の輪郭さえもあいまいになる感覚。あっという間に時間が過ぎる程の深いリラクゼーションを味わうと、不思議とスッキリとして心も身体も軽くなります。

自分の足で立ち、前へ進むために必要なエネルギーは、しっかりと休むことで培われます。

まずは、ご自身が「リストラティブヨガとは」を体感して理解を深め、目の前の方に寄り添う姿勢を大切にしていきます。プロップスが揃わなければできないではなく、この講座では道具が全て揃っていなくても持っている物あるいはそこにある物でできる工夫やアイディアなども学んでいきます。

 

◆ヨガ指導者の方は、シャバアサナで力を抜くことができない方や体に不具合のある方へのサポートとしてリストラティブヨガを生かすことができます。

◆ヨガ以外にも、休息を必要としている方、睡眠の質が悪い方、介護や看護を必要としている方などのために、身体に負担をかけず呼吸が広がり心身の緊張を緩めるアイディアを生かすことができます。

これまでにヨガ指導者以外にも介護職、心理職、看護師、作業療法士、健康運動指導士の方などが受講しています。
ヨガ指導者においては、乳がん罹患者、精神障がい者や高齢者などとのヨガに携わっている方あるいは関心のある方が多く受講しています。

 


講座概要

≪座 学≫
●リストラティヴヨガとは
・リストラティヴヨガの期待できる効果
・立っているだけで働く筋肉
・ソマティック心理学的なアプローチ
・マインドフルネス
●交感神経と副交感神経
・ストレスの影響
●リストラティヴヨガの4要素
●クラスをスムーズに行うために
●サポートとスペース
●シークエンスへの配慮
●リストラティヴヨガの可能性

 

≪実 技≫
●9つの基本的なリストラティヴヨガポーズ
●オリジナル!股関節を開くシークエンス(4ポーズ)

 

【対象】
リストラティヴヨガをご自身のクラス、プラクティスに役立たせたい方
セラピストやボディワーカー、介護や看護に関わっている方など

※ヨガの指導歴は問いませんが、何のために誰のために役立たせたいかお考えのある方にお勧めです。


開催概要

日 時 

2018年9月16日(日) 10:00〜17:00
2018年9月17日(月祝) 10:00〜17:00
2018年10月6日(土) 10:00〜17:00
2018年10月7日(日) 10:00〜17:00 全24時間(休憩含む)

 

講 師       田中 直子

場 所   ヨガ・シャラ発寒スタジオ

札幌市西区発寒1条4丁目3-24 アーバンポエムそうま105
・地下鉄東西線「発寒南駅」2番出口より徒歩5分
・アパートの裏手に駐車場(5台)があります
「契約者駐車場」と指定されている以外のスペースをご利用ください。

費 用   90,720円(税込)※テキスト、修了証込み

 

お申込みはこちらから