特別支援学級担任20年


心理発達相談200人以上


豊富な実践経験と専門性で、
お子さんの発達・学習、
コミュニケーションの
土台づくりをサポートします。


主なツールは、
ヨガと視覚機能トレーニング、ソマティック
セラピー


遊びながら、心の発達、
身体の発達に大切な五感
(特に視覚)、身体感覚、
認知力・非認知力を高めます。


そして、
緊張軽減できる自己調整力
を育みます。


● ● ●

お子さんの言葉の遅れや発達が心配な親御さん、

様々なニーズのある子の対応にお悩みの

保育園・幼稚園・学校の先生方の

サポート・研修依頼もご相談ください。

発達・教育カウンセリングに申し込む

 

NHK札幌「おはよう北海道土曜プラス」でご紹介いただきました。

1か月間取材いただいたハンディキャップヨガ北海道のこと、特別なニーズのある子の個別ヨガセラピーのこと、10分間の放送です。

 

どこからでも受講可能!

発達障害、鬱、心身症

乳がん、HSP、ASDや

不登校児対応など様々な経験から

お一人おひとりにカスタマイズ

 

オンラインヨガ/セラピー

セルフケア/講座

オンラインクラス・講座に申し込む

 

 

自律神経の働きを穏やかにして

ストレス低減、レジリエンスを高める

介護や看護にも生かせる

 

脳と神経の休息

家でできるようになる
リストラティブヨガ
1Day講座

リストラティブヨガ1Day講座

お知らせ

**************

子ども 教育

機械と器械の違いから考える

経験から学びは深まる 小樽の絵本・児童文学研究センターに通って2年目ももうすぐ終わろうとしています。 発達心理学や深層心理学を交えて絵本・児童文学を読み解いていく講座は大変興味深く...

脳を休めるヨガ・リストラティブヨガ指導者養成講座

リストラティブヨガ指導者養成講座について

ヨガクラスだけではなく、介護や看護、不調のある家族にも生かせる理論と実践の学び。

2020年度札幌対面開催終了。次回は、2021年9月18~20日開催予定

第11期リストラティブヨガ指導者養成講座。「リストラティブヨガとは」を体感し理解を深めます。現代に必要な脳の休息を学ぶ全24時間。2020年11月札幌開催。

養成講座 受講生の声

❝仕事で関わる高齢者や障がいのある方、入院患者さん、看護師向けにもリストラティヴヨガは活かされると思いました。❞

リストラティ部:養成生フォローアップ

ManaHanaリストラティブヨガ養成講座修了後も充実のフォローアップ講座。 任意の養成生による 【リストラティ部】の活動もあります。

メディア

2019年6月16日付 北海道新聞朝刊「ひと2019」掲載
ハンディキャップヨガ北海道代表としてインタビューを受けました。ヨガができると考えたこともない人、ヨガをしたくても出来ないと思っていた人に届いてほしいです。

FM North Wave『L』という番組内の【ピンクリボンナビ】 2017年12月12日出演
5分という短い時間でしたが、ずっと続けてきている南郷18丁目とマルヤマクラスの乳がんケアヨガのクラスについてお話ししました。ノースウェーブのFBページでもご紹介いただきました。

コミュニティFM三角山放送局ラジオ番組『ピンクリボン in Sapporo』 2017年9月7日出演
ハンディキャップヨガ®北海道(https://hcpyoga-hokkaido.com)やメディカルサポートヨガ®北海道の活動、乳がんケアヨガクラスのことや、私自身のことなどお話ししました。

北海道新聞朝刊 2017年6月16日発行
ハンディキャップヨガ®北海道(https://hcpyoga-hokkaido.com)の活動が紹介されました。

札幌地区ミニバスケットボール連盟公式ホームページ
理事長山田健先生の挨拶文にて、清田区の小学校の体育の先生方対象に開催した「ヨガ講座」を紹介掲載

北海道新聞夕刊  2017年2月11日 発行
情報らんど『きらきらスポーツ』

毎月第1日曜日ジョイフィット西岡で開催のオハナヨガ(家族ヨガ)の紹介掲載

北海道医療新聞社・介護新聞2016年11月17日号『クローズアップ』欄

介護家族のためのヨガ【レスパイトヨガ】の紹介掲載

北海道医療新聞社・介護新聞2016年9月8日号『オピニオン』欄

ハンディキャップヨガ®北海道の代表としてインタービュー記事掲載

ヨガジャーナル日本版 vol.39, 2015年2/3月号
『次世代ティーチャー図鑑』

ハンディキャップヨガ®北海道の活動紹介 掲載